CHECK

造作家具とは?魅力やオーダー時のポイントなどのお役立ち情報をご紹介!

このサイトでは、造作家具に関する基本情報や魅力などをお伝えしていきます。
オーダーする際に確認しておくべき大事なポイントなどのお役立ち情報をまとめてご紹介します。
また、このサイトでは、ぴったりのサイズが作れるなどといった具体的な魅力についても迫っていきます。
さらに、このサイトでは、依頼する際のベストタイミングについても解説します。
マイホームの新築時やリフォーム時に依頼しようと考えている方にとって、必見の情報を盛り込みました。

造作家具とは?魅力やオーダー時のポイントなどのお役立ち情報をご紹介!

造作家具のお役立ち情報を知りたいという方もいるかもしれません。
造作家具は、希望のサイズや素材を選べるのが魅力です。
理想通りのデザインに仕上げてもらうことができるので、満足度も高まりやすいことでしょう。
造作家具を注文するタイミングは、家を新築する際はリフォームやリノベーションをするタイミングがベストです。
この方法ならば、部屋全体に統一感が出やすくなります。
必要なタイミングに応じて注文するという方法もあります。

造作家具とは造り付けの家具のこと

リノベーションの打ち合わせで出てくる造作家具は、造り付けの家具です。
設置場所やスペースに合わせて製作されているため、いわば住宅ごとに最適化されたカスタマイズ家具と言ってよいでしょう。
家具というとタンスやデスク、チェアなどを思い浮かべますが、造作家具の対象はキッチンカウンターや収納スペース、間仕切りを兼ねた戸棚や本棚や飾り棚など室内空間と一体化しているため、一般的な家具のように動かすことはできません。
しかし機能性において優れているので使い勝手が良くなっています。
造作家具は主にキッチンカウンターや棚のように壁面全体に取り付けるもの、ベッドや収納スペースなど壁面の一部に取り付けるものが主流です。
ライフスタイルや家族構成に合わせて制作できるのがメリットになっています。
造作家具は、デザイン・カラー・設置場所を自在に選択できることから統一感あるインテリアに仕上げられるため、リノベーションのさいに検討すると良いでしょう。

造作家具のつくり方には大工工事と家具工事の2種類がある

造作家具のつくり方には大きく大工工事と家具工事の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。
大工工事は、現場に材料を持ち込み職人さんがその場で制作するつくり方です。
板材やパーツの状態で材料を持ち込むため運搬コストが抑えられるとともに、設置場所で組み立てていくのでサイズの微調整がしやすいという特徴があります。
塗装も現場で行うので室内全体に統一感が出やすいという魅力もありますが、現場での作業は使用できる道具や素材に制限があるため複雑な加工が難しいという側面があります。
家具工事は、家具工場でオリジナルの家具をつくる方法です。
完成した造作家具を搬入する方法と、工場で製造したパネルやパーツを搬入して現場で組み立てる方法があります。
家具工場では複雑な加工でも高精度にできる設備が整っているため、完成度が高い造作家具を制作することが可能です。
一方で、運搬コストは大工工事よりも高くなります。
なお、家具工事ではサイズに誤差が生じる可能性があるため、設置スペースよりも若干小さく作っておき、現場で微調整を行うこともあります。

造作家具は何処に依頼することができる?

キッチンやリビングなど設置スペースに合わせて最適化された造作家具は、室内の雰囲気と一体化しており、高い機能性と使い勝手の良さからリノベーションや新築の際に検討されることが多くなっています。
そんな造作家具を依頼する場合は、住宅メーカーや工務店、住設メーカー系に加えてリフォーム会社などが一般的です。
住宅を建て替えたり新築する際に造作家具を検討するときは、住宅メーカーや工務店系の業者に依頼すると契約や手続きをスムーズにできます。
また既存住宅のリフォームや中古物件を購入してのリノベーションの際には、住設メーカーやリフォーム会社と打ち合わせすることが多くなっており、こちらも契約や手続きをスムーズにできることでしょう。
いずれもキッチンやリビング、トイレなど室内スペースの寸法に最適化されて製作されるので、室内の雰囲気と統一性と高い使い勝手に仕上げられます。
業者との打ち合わせでは家族構成やライフスタイルに合わせる、使用目的や設置の理由を明確化しておくと納得の造作家具を実現できます。

大半の家具は造作家具として制作可能!

造作家具は、ほとんどの家具を制作ができるというメリットがあります。
自分のイメージに合った家具を作ることができるため、自分の理想的な部屋づくりが可能です。
造作家具だからこそ空きスペースを利用することもでき、収納場所を増やして家をスッキリさせることにもつながります。
空きスペースを有効活用するなら、吊り棚を作るということがおすすめです。
洗濯機やトイレの上の方につければ洗剤やトイレットペーパーなどを入れやすく、廊下や玄関などに取り付ければ飾り棚としても役立ちます。
収納を増やしたいのであれば、壁面収納も向いています。
収納と同時にインテリアを飾ることもでき、造作家具だからこそ棚の数や高さなどを好みで変えられるのも大きなメリットと言えます。
机やデスクをオーダーするというのも、自分のイメージする部屋づくりに近づけるポイントです。
毎日使う机だからこそデザインや素材にこだわることで、心の充実につながっていきます。

造作家具に関する情報サイト
詳しく知りたい造作家具

このサイトでは、造作家具に関する基本情報や魅力などをお伝えしていきます。オーダーする際に確認しておくべき大事なポイントなどのお役立ち情報をまとめてご紹介します。また、このサイトでは、ぴったりのサイズが作れるなどといった具体的な魅力についても迫っていきます。さらに、このサイトでは、依頼する際のベストタイミングについても解説します。マイホームの新築時やリフォーム時に依頼しようと考えている方にとって、必見の情報を盛り込みました。

Search